一人暮らしには光回線をおすすめしない2つの理由

自宅で使うネットの定番といえば、光インターネット回線です。

光インターネット回線は、光ファイバーを使った固定回線なので、通信速度も速くて安定しています。

データ通信容量に制限がないので、動画や音楽などもたっぷり楽しめます。

一人暮らしをする前は、実家の光インターネットを使っているという人も多いと思います。

光インターネット回線は自宅の回線としてオススメなのですが、一人暮らしの場合はデメリッとも多いので、おすすめできません。

光回線は数万円の工事費がかかります

光回線インターネットは、光ファイバーを部屋で使えるようにするために工事が必要です。

自宅に作業員がやってきて光ファイバーを引き込む場合もあれば、送られてくる機械を自分でつなぐだけの場合もありますが、いずれにしても工事が必要で、場合によっては数万円の工事費用がかかります。

実際には、一度に数万円の工事費を払うのは大変なので、30回払いや60回払いなどの分割払いになっていて、「毎月の分割払い支払額と全く同じ金額が割引になる」という「実質工事費無料」のキャンペーンが適用される場合が多いです。

そのため、「光回線の工事費は払わなくてもいい」と思っている人も多いです。

しかし、工事費の分割払いが終わらないうちに解約すると、まだ払っていない残りの分割工事費を一括で払う必要があります。

たとえば、工事費60ケ月払いの契約で、2年で引っ越しして解約すると、残り3年分の工事費を一括で払わなくてはいけません。

一人暮らしで、5年後まで同じ部屋に住み続ける人は少ないのではないでしょうか。学生なら卒業しますし、就職なら転勤、もしかすると転職するかもしれません。

そう思うと、数年間の分割払いで工事費を払うのは、ちょっとためらいますよね。もし、短期間で引っ越しする可能性があるなら、光回線インターネットの契約はやめておいたほうがいいでしょう。

工事不要で人気なのがWiMAXというネット回線です。要約するとこちら

  1. 回線設置工事が不要
  2. 高速なインターネット回線
  3. 面倒な引っ越し手続きが不要
  4. 旅行先でも使える
  5. 料金が安い
  6. バッテリー切れの心配がない

参考「置くだけWiFiとは?メリットやデメリットも解説

置くだけWiFiという固定回線のような使い方もあるため、検討してみるのもいいでしょう。

光回線は自分が使わない時間も料金がかかります

一人暮らしということは、自分がでかけているときは、家には誰もいないことになります。

光回線インターネットは、自宅で利用する回線ですから、自分が出掛けている間は、だれも使わないことになりますね。

一人暮らしを始めると何かと忙しく、自宅でゆっくり過ごせる時間が無いかもしれません。

仕事や学校で外に出掛けている時間と、自宅で寝ている時間は、インターネットを使わないわけですから、自宅に光回線インターネットを引いても、使うのは一日のうちでほんの数時間になるかもしれません。

自宅に光回線インターネットを引くと、割安なマンションタイプでも月4千円前後かかります。

確かに、光インターネット回線は、毎月定額料金で使い放題ですが、実際に使うのは一日のうちのほんの数時間かもしれないと思うと、ちょっともったいないとおもいませんか?

タイトルとURLをコピーしました